1:2013/08/24(土) 00:29:49.14 ID:
ヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返る
2013年08月22日 19:49 発信地:ローマ/イタリア

【8月22日 AFP】欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)のイタリア人宇宙飛行士、ルカ・パルミターノ(Luca Parmitano)氏は21日、
先月の船外活動中に宇宙服のヘルメット内に水漏れが生じ、おぼれかけた恐怖体験をブログで振り返った。

パルミターノ飛行士は国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からESAのブログに、7月16日に行った自身2度目の船外活動開始後間もなく発生した、ヘルメット内の水漏れについて投稿した。

首の後ろに水滴を感じたことについて、「汗にしては冷たすぎると思った。何より、間違いなく量が増えていると感じた」と回想。

船外活動を切り上げ、ISSのクエスト(エアロック)に戻ろうとする間、ヘルメット内の液体の量は急激に増加。目の前が暗くなり、窒息しそうになったという。

「次に呼吸をしたら、肺に空気が入るのか、液体が入るのか分からなかった。エアロックまでどう行けばいいのかもわからなかった」

宇宙服の安全バルブを開放して液体を排出しようかとも考えたが、「宇宙服に穴を開けるのは最後の切り札だ」と思い直したという。

「一刻も早く戻らなければならなかった。同じ場所で待っていればクリス(同僚の宇宙飛行士)が連れ戻してくれると分かっていたが、どれだけ時間が残っているか分からなかった」

さらに、交信も徐々にできなくなっていった。ヘッドフォンを液体が覆い、ヒューストンからの指示を聞くのが困難になったのだ。

ISSに戻ると、カレン・ナイバーグ(Karen Nyberg)飛行士がヘルメットを脱がせてくれたため、おぼれることも、意識を失うこともせずにすんだという。耳と鼻には水が充満していたため、ISSに滞在する飛行士たちの言葉は聞こえなかったという。

米航空宇宙局(NASA)はこの事故について2件の調査を開始。
調査チームはヘルメット内の飲料水バッグではなく、宇宙服の冷却装置の不具合に焦点を絞っているという。

調査の結果が出るまで、NASAの船外活動は中断している。(c)AFP/Dario THUBURN
______________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年08月22日 19:49
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2963273/11227712

▽関連リンク
ESA Luca blog(http://blogs.esa.int/luca-parmitano/category/luca-blog/)
EVA 23: exploring the frontier
Posted on August 20, 2013 by raffaella
http://blogs.esa.int/luca-parmitano/2013/08/20/eva-23-exploring-the-frontier/

▽関連スレッド
【宇宙開発】ISSの保守作業 宇宙服内で水漏れが起きて船外活動中止/NASA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374152422/
2:2013/08/24(土) 00:35:52.31 ID:
こええよ。夢に見そう。
11:2013/08/24(土) 01:45:16.45 ID:
>>2
よう、宇宙兄弟!
続きを読む