1:2013/12/10(火) 07:08:40.76 ID:
駐車料金こんなはずじゃ… 小さな表示の落とし穴

 「1日最大いくらとうたっているのに、車を5日間とめたら8千円以上請求された」。コインパーキングをめぐり、こんなトラブルが増えている。その背景を探ってみると――。

 ■見落としでトラブル急増

 東京都千代田区のコインパーキング。看板には「日祝24時間最大1500円」とある。では日曜祝日の連休に午前8時から48時間とめたら計3千円かと思いきや、実際はその3倍以上に。

 24時間1500円は「1回限り」で、次の24時間は単位時間ごとに料金がかかるのだ。午前8時~午後5時は15分200円、午後5時~午前8時は最大700円。しめて9400円。

 看板をよく見ると、確かに「1回限り」と書かれていた。だが、視力1・0の記者が約3メートルまで近づかないと読めない。利用していた神奈川県の内装業男性(38)も「あまりに小さくて絶対見えないよね」。

 この駐車場を運営する事業者に取材すると、「看板はデザイン性を考えてそうなっている。誤解するのは利用者がちゃんと確認していないからでは」と言う。

 国民生活センターに相談が寄せられたコインパーキングをめぐるトラブルは、2008年度は108件だったのが、12年度は243件と2倍以上に急増。13年度は11月末現在で167件と昨年度同月比20件増だ。

 その多くは「1日最大○○円」などと大きく表示しているのに、小さく「1回限り」などと併記しているというケース。「1回限り」の注意書きが、別の看板に書かれている例もある。

http://www.asahi.com/articles/TKY201312090592.html?ref=com_top_pickup
2:2013/12/10(火) 07:10:18.65 ID:
自動車は甘え
排気ガス出すなクズ
4:2013/12/10(火) 07:12:09.12 ID:
どういう状況でコインパーキングに5日とめる状況になるのか
旅行いくならタクシー使うよな?
続きを読む